おしゃれなオーダーカーテンに最適なタッセルなど付属品のデザインとは?

オーダーカーテンのおしゃれなタッセル

オーダーカーテンで部屋をおしゃれにすることができますが、タッセルにこだわることでより雰囲気を出すことが可能です。
タッセルとは糸などを房状に束ねた房飾りのことで、衣類や靴などに活用される他、カーテンではカーテンを束ねる際に使用する紐やバンドのことを指します。
カーテンを購入すると付属していることが多く、名前をしならなくても利用しているというケースは多いです。
一般的にはカーテンと同じ生地で使われていますが、オーダーカーテンであれば素材やデザインにこだわれます。
タッセルのデザインが変わると部屋の雰囲気を変えることができ、おしゃれの演出につながります。

実用性だけではなくデザイン性も高くなっていて、種類も様々なものがあることから部屋の雰囲気にあったものを選べます。
オーダーカーテンで部屋にあった好みのカーテンを作れるからこそ、タッセルにもこだわることによってより印象的な部屋を作れます。

オーダーカーテンに付属できるタッセルの種類

オーダーカーテンと一緒に注文できるタッセルの種類は、大きく分けると4種類に分けられます。

最もオーソドックスな房掛けタイプは、タッセルの両先端に輪になった紐がついていて、房掛けに引っ掛けてカーテンを束ねます。
色々なタイプがあるためデザイン性の高いものを選ぶことができ、カーテンの素材・色・柄などに合わせることでおしゃれな部屋を実現できます。

舟形タイプは、舟の形をしているのが特徴です。
上下が非対称になっていて、カーテンと同じ生地を使っているもののほか、リボンやフリルなどの装飾性の高いものも選べます。

ロープタイプは、文字通りロープ状のタッセルです。
洋風の部屋に似合うタイプで、光沢のあるタイプを選ぶとエレガントな雰囲気を作れます。
フリンジがついたものや、フリンジなしのシンプルなものを選ぶことが可能です。

ビーズタイプは、ビーズを使用しています。
パールやアクリル、ウッドなどの様々なビーズが使用されていて、素材ごとに雰囲気が変わるため部屋に合わせて選びます。

まとめ

オーダーカーテンをまとめるおしゃれなタッセルは、色々なものがあります。
素材などでエレガントにもナチュラルにも、部屋を演出することができるアイテムです。

あまり注目されない部分ではありますが、種類や結び方によって部屋の印象は大きく変わります。
季節や気分で変化さることで、より理想の部屋に近づきます。
人目につきやすいアイテムですので、手入れしやすいかなども意識して選ぶと、カーテンを綺麗な状態を保つことにもつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。